FC2ブログ

5月8日のこと

現在アンケートを実施中です。
質問は「CG集とノベルゲーム、どちらのジャンルがお好きですか?」というものです。
まあ、どちらの形式にもそれなりの良さがありますので…
一概にはどっちとは言えないかもしれませんが、
そこは単純に自分の好みで決めてもらえればと思います。

追記:アンケートは終了致しました。
   多くの投票ありがとうございました!



結果は今後の作品作りの参考にさせて頂きたいと思います。
一言、理由などをコメントに添えて頂けるとなお参考になりますし、
作品に対するリクエストなど理由以外のコメントも大歓迎です。
もちろん無くても全然構いませんのでぜひ投票してやってくださいませ~。
今回はアンケート終了後、頂いたコメントにまとめてお返事いたします。

あとルイーダのヒミツ日記はいつも登録しているサイト全てで販売が開始しました。
右下のフリーエリア、もしくは前回の記事のバナーより販売ページに飛びます。
感想もいろいろと頂いております。
全体的に好評で非常に嬉しいです、どうもありがとうございます!

そして次回作はオリジナルCG集第二弾です。
ママンモノ…というかどうやら人妻モノになりそうです。
今月末に登録して来月の頭に発売できればいいなと。
近いうちにサンプルを公開します。

そしてその次くらいにノベルゲームの第二弾です。
内容はオリジナルキャラ彩音さんの家庭教師モノです。
随分前に「彩音さんの学園編とかバイト編みたいなのを見てみた~い」
という意見を頂きまして、綺麗なお姉さんのバイトといえば家庭教師だろうと(偏見)
看護日誌の少年編のような感じのストーリーを考えています。
ヒミツ日記では必要以上にコスチュームの数が多かったので
次はもっとオーソドックスなものに絞ろうと思っています。

コメントの返信は次回に行います。
ということで追記よりヒミツ日記の総括です。
今回はいろいろあったナァ~(゜ロ゜)
ルイーダのヒミツ日記の総括。
何ともまとまりの無い文章ですがご容赦を。

まぁ~、なんと言いますかとにかく製作期間が長かったなとw
その分、イベントCGの出来にも少しばらつきがあったような…( ̄△ ̄;)
後半に結構修正しましたがやはり1作品の製作期間は2ヶ月が限度ですね。
それ以上掛かると精神的な面でも結構きっついです。

あと上記にもありますがコスチュームは無駄に数が多すぎましたね。
頂いた感想を見るとシンプルでもオーソドックスな衣裳の方が支持が高いようです。
あんまりごちゃごちゃすると逆効果なのかな~?

スクリプトにもかなり苦労しました。
なんと言いますか、絵を描くのと違ってやっていてあまり楽しくないw
作業的な要素も強いからでしょうか。
基本的なところは一通り揃えることが出来たと思ってますので
次からシステム回りは変更せずに今回のものを使いまわしていこうと考えてます。
というかスクリプトに時間を使うなら、一枚でもCGを増やそうと。

シナリオもこんな長い文章を書いたのは初めてでしたので
これからも数をこなして慣れていこうと思ってます。
最初は結構しんどかったのですが、途中からなんか楽しくなりました。
妄想を表現する楽しさは絵も文章も同じですねw

ボイスは自分の書いた台本に声優さんの声が入っているのを聞いて感動しました。
もっとも大半が喘ぎ声でしたが…(; ̄□ ̄)

今回は「萌えボイス」というサイトを見てゆづき ひな。さんにお願いしました。
声の依頼や編集に関してはわからないことだらけだったのですが、
ゆづきさんはこちらの質問にいろいろと親切に応えてくださいました。
この場を借りてもう一度お礼を言いたいと思います。
本当にありがとうございました!

そして「猫語り」に関してはまだ何の感想も頂いておりませんw
自分的に金色猫のキャラとデザインは気に入っていますので
これからも作品内などでちょくちょく登場させたいと思ってます。

そんな感じで「作ることの出来る作品のジャンルを増やした~い」と
結構軽い気持ちでノベル製作を決めたのが始まりでした。
とにかくノベル製作の一連の流れは理解できましたが、
やはり今回と同じボリュームのものを一人で作るのは厳しいですね。
CG集と比べてやることが多過ぎますし、何より時間が掛かりすぎますワァ。

なので次からノベルを作る際にはショートノベルにしようと思ってます。
基本CGは10~13枚にして、シナリオはエロの部分は削らずに最低限の
ストーリーを残しつつ上手くまとめていこうと。
それでもCG集に比べると結構な時間と労力が掛かりますが…( ´ω`)=3
あとノベルゲームの際には、ボイスは毎回入れていくつもりです。
やはり声が有ると無いとでは臨場感とえっちぃ度がぜんぜん違うと思うのです。

ということで今回は大変だっただけに学ぶことの多い作品でした。
おそらく今後これだけ長い間作品の間隔が空く事はもう無いと思いますが(多分)
これからも頑張って同人活動を続けていきますので、どうぞ
生暖か~く見守ってやってくださいませ( ´ ▽` )ノ



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)